ローンの返済期日に遅れてしまった場合にはどのようなリスクがあるのでしょうか。ローンは確実に期日までに返済をしなければならない事は誰もが知っていることです。返済の期日があることを分かっていたとしても、お金が無くて返済できないこともあります。返済期日を大幅にオーバーするような事態になってしまうと、そのことが信用情報に記録されてしまいます。返済日を勘違いしていたり、忘れていて、1日遅れたということなら、まだありえる話でしょう。返したいけれど返せないという状況のせいで、返済が1週間以上遅くなる人もいます。ローンは返済期日までにお金の入金が無いと、遅延日数に応じて、遅延損害金が発生します。利息に遅延損害金が加算されるので、通常よりも多くの支払いが必要となります。ローンは遅延するほど返済が難しくなるので、期日まで返済できるように計画して借りる必要があります。無理なく返済できるように、月々の返済についてのプランを練っておくことが重要だといいます。いつまでも返済できないままでいると、今後、新規のキャッシングやローンの申し込みをしても、審査で落とされてしまうことがあります。返済日に決まった金額を返せないと、結局は自分が損をすることになりますので、返済可能な金額だけを借りることがポイントです。